Story02

イマジネーション・ショーケース

Story02

イマジネーション・ショーケース

まるで宝石を眺めているような錯覚。
真っ赤な苺はガーネット。こっちのマスカットはペリドット。 ショーケースのガラスに映るワタシに問いかける。
さぁ、どれにする?
「全部一口ずつかじりたい!」と大胆なワタシが顔を出す。
そんなワタシをそっとなだめた。

3日前の失敗を、昨日の夜まで引きずっていた。だけど、今朝目が覚めて窓を開けて深呼吸したら、なんだか無性に出掛けたくなったのだ。
そして、ワタシはここに来て、フルーツタルトを眺めている。

先週、母が送ってくれたほうじ茶を、今日はラテにして飲んでみよう。
ほんのり甘いほうじ茶ラテにピッタリのタルトは。
「キミに決めた!」と、どこかで聞いたフレーズが脳内で再生される。
きっと、このフルーツタルトは、ちょっぴり疲れたワタシの心を、そっとほぐしてくれる気がする。

その時「あ、でもやっぱりこっちも捨てがたい」と優柔不断なワタシが囁いた。
そうだ。こっちはあの人の分。
今頃忙しなく動き回るあの人が、タルトをひとくち口にして、猫のように目を細める姿を思い浮かべて、思わずワタシもふふふと微笑んだ。


Story一覧はこちらから

702-8037
岡山市南区千鳥町26-10
 086-261-7600
 086-261-6088
Open  10:00〜19:00
Close  TUES DAY
 gowdy.tarte